FCV(燃料電池車)が街を走る社会が目の前に迫ってきた。水素社会への扉が開く。旗振り役を務める議員に、水素社会の実現に向けた政治の役割を聞く。