日本のポップカルチャーに世界のファンが歓喜している。だがその熱気は、まだ日本に十分な利益をもたらしていない。