雇用回復を受け、米株式市場が強気に傾いている。7月3日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均株価が、初めて1万7000ドルの大台を突破した。同日朝発表の6月の雇用統計が市場予測を上回る結果で、米国の雇用環境の改善に自信を深めた格好だ。