雇用回復を受け、米株式市場が強気に傾いている。7月3日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均株価が、初めて1万7000ドルの大台を突破した。同日朝発表の6月の雇用統計が市場予測を上回る結果で、米国の雇用環境の改善に自信を深めた格好だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2138文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年7月14日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。