人手不足を補うために、飲食店や建設、生産現場でロボットの活用が広がっている。自動化による単なる人手の置き換えではない。作業員の近くで一緒に働いてサポートする。人とロボットとが協調する新しい働き方の姿が見えてきた。