ソニーのパソコン部門とテレビ部門が7月、それぞれ新会社として発足した。だが、いずれの会社も早期の黒字化に課題を抱え、新たな船出に暗雲が漂う。赤字体質を解消できなければパソコンと同様に、テレビ部門も売却されるとの観測は消えない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1443文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題