ソニーのパソコン部門とテレビ部門が7月、それぞれ新会社として発足した。だが、いずれの会社も早期の黒字化に課題を抱え、新たな船出に暗雲が漂う。赤字体質を解消できなければパソコンと同様に、テレビ部門も売却されるとの観測は消えない。