経営難から復活を果たした、自動車メーカー。「CX-5」「アテンザ」と続くヒット車はマツダ自身を一変させた。モノ作りに立脚し、“小さな会社”の生き方を貫く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4577文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。