暗い、格好悪い、男性物だけ──。そんな作業用品店の常識を覆し、急成長。機能性とデザイン性を両立した自社製品で、一般消費者からも支持を集める。