金融や通信会社、ネット企業など様々な業態の企業が、ベンチャー投資を目的としたファンドを立ち上げている。海外に比べ起業が少ないのは日本の大きな課題の一つなので、悪くはないトレンドだ。