「環境モデル都市」長野県飯田市で太陽光発電事業への投資会社を運営するも、行政処分を受ける。ファンドと事業会社の資金を分別管理せず、「法令違反」との審判が下された。法律の知識不足を反省し、地球温暖化防止に向けて業務管理体制の立て直しを図る。