「環境モデル都市」長野県飯田市で太陽光発電事業への投資会社を運営するも、行政処分を受ける。ファンドと事業会社の資金を分別管理せず、「法令違反」との審判が下された。法律の知識不足を反省し、地球温暖化防止に向けて業務管理体制の立て直しを図る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2825文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。