2013年以降、国際線と国内線で新シートを投入しました。実はこれを計画したのは、2010年夏の経営破綻ど真ん中の頃でした。更生計画案がまだ裁判所で認められておらず、明日この会社があるかどうかも分からない。そんな状況の中で、僕らは新シートに「新生JAL」の夢を懸けた。