2013年以降、国際線と国内線で新シートを投入しました。実はこれを計画したのは、2010年夏の経営破綻ど真ん中の頃でした。更生計画案がまだ裁判所で認められておらず、明日この会社があるかどうかも分からない。そんな状況の中で、僕らは新シートに「新生JAL」の夢を懸けた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1359文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 航空下克上」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。