東京五輪に向けて、羽田、成田の発着枠はさらに広がっていく。日本勢にとってこれはチャンスでもあるが、同時に脅威ともなり得る。迫る海外キャリアの攻勢に、日本勢はどう立ち向かうのか。