英住宅市場の急激な価格上昇を受け、中央銀行がようやく規制に乗り出した。しかし現場は既に「バブル崩壊」を警戒。先を見越した物件売却の動きも出始めている。住宅供給不足という根本的な問題を解消しない限り、バブルの芽は今後も内在し続ける。