工場や町、クルマ、家電など、あらゆるモノがインターネットにつながり始めた。利便性が高まる一方、サイバー攻撃を受けた場合のリスクはこれまで以上に高まる。気付かないうちに、誰かに操られる恐怖が身近に忍び寄っている。