中国景気の先行指標とされる製造業の景況感指数が半年ぶりに節目の50を上回った。だが好材料に沸くはずの市場の反応は鈍く、発表当日の株価は下落で終わった。政府が掲げた改革路線が「7.5%成長」という目標を前に後退していることが背景にある。