東京商品取引所とシンガポールの資源仲介大手が石油製品の取引市場を設立した。原油高にもかかわらず大手の商社や元売りは参加に慎重で、市場には閑古鳥が鳴く。背景には総合取引所構想を巡る各取引所や省庁の覇権争いが見え隠れする。