非常に読みごたえがあり、重みのある特集だった。「鈴木会長の信念・執念」が実に琴線に響くものだった。80歳を過ぎてもこれほど「個人の思い」を発信できるのは、すごいの一言に尽きる。