6月14日、15日に行われた世界最高峰の自動車耐久レース「ル・マン」。予選トップでポールポジション(PP)を獲得して本選に挑んだトヨタ自動車のチームでしたが、PPの1台は残念ながら途中リタイヤ、もう1台も3位にとどまりました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り673文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。