仏重電大手アルストムのエネルギー事業は結局、最初に手を挙げた米ゼネラル・エレクトリック(GE)の手に落ちた。独シーメンス・三菱重工業連合も名乗りを上げていたが、6月20日にフランス政府がGE支持を表明した時点で事実上、決着した。