武装組織の進攻でイラク情勢が混迷を深める中、原油価格が高騰している。円安が進んだ結果、日本経済が受ける打撃は2008年よりも大きくなる恐れもある。アベノミクスの副産物である円安が経済の耐久力を弱める皮肉な構図が浮かび上がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1463文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年6月30日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。