1969年にキャリア公務員として総理府(当時)に入省しました。ロールモデルになるような女性が身近におらず、周囲も扱いに戸惑っていたと思います。20代に結婚・出産を経験しましたが、家庭との両立などに悩み、ずっと「自分は公務員になったのは間違いだった」と迷っていました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1324文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。