台湾に向けては「台湾の未来は、台湾を含む中国人民が決める」と発言して反発を招き、香港に対しては、白書の中で「香港の自治は中央政府の管理下にある」と明記して圧力を示す。中国・習近平(シージンピン)政権の強気の背景には、それが許される力を既に養ったとの自信があるようだ。