台湾に向けては「台湾の未来は、台湾を含む中国人民が決める」と発言して反発を招き、香港に対しては、白書の中で「香港の自治は中央政府の管理下にある」と明記して圧力を示す。中国・習近平(シージンピン)政権の強気の背景には、それが許される力を既に養ったとの自信があるようだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1453文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年6月23日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。