事業構造の転換、組織変革、風土改革…。どれも人材の力が成否を分ける。経営の意思を理解して、様々な人事戦略を打ち出し、現場を促す。成果を上げている企業では、人事部門が改革の仕掛人として機能している。