事業構造の転換、組織変革、風土改革…。どれも人材の力が成否を分ける。経営の意思を理解して、様々な人事戦略を打ち出し、現場を促す。成果を上げている企業では、人事部門が改革の仕掛人として機能している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7712文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 人事部こそリストラ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。