世界的な再編の波が重電業界をのみ込んでいる。発電などエネルギー分野に続き、鉄道が次の焦点に浮上。日本の鉄道メーカーもチャンスを虎視眈々と狙う。