3月期決算企業の今年の株主総会が、6月末にかけてピークを迎える。開催日の分散化など対話重視の姿勢も見られるが、改革はなお途上にある。海外投資家などの「外圧」は一段と強まり、企業は対応を迫られている。