STAP細胞騒動が、再生医療業界全体に波及している。最大の余波は、理化学研究所の改革委員会が打ち出した研究センターの解体だ。国が進めるiPS細胞の研究計画に大きな狂いが生じる可能性が出てきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1378文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題