化粧品で国内首位の座に長年君臨してきた資生堂が苦戦している。国内はシェアで花王・カネボウ陣営に追いつかれ、2012年度まで7期連続の減収に。元日本コカ・コーラ社長の魚谷雅彦を迎え、待ったなしの改革に乗り出す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5311文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。