どの国も政府や中央銀行は景気対策に躍起になる。しかし市場は参加者の思惑で動くものであり、景気循環を避ける手はないというのが著者の主張。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り985文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題