どの国も政府や中央銀行は景気対策に躍起になる。しかし市場は参加者の思惑で動くものであり、景気循環を避ける手はないというのが著者の主張。