化学の川上から川下まで手掛ける一貫体制を強みに世界最大手へ上り詰めた独BASF。米国でシェールガス革命が本格化し、事業環境が大きく変わる中で、どう勝ち続けるのか。エネルギーの高コスト化など、日本と同じ問題を抱える独企業の成長戦略は示唆に富む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4497文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。