「もしあの通りになったら、経産省さんはちょっとお気の毒ですね」。5月中旬に霞が関を駆け巡った1本のニュースを、ある省庁の幹部はこう振り返る。