社長に就任するやヒット商品を連発し、エステーを苦境から救った。独裁者として改革を断行し、周囲が反対するアイデアを商品化する。民主制を否定する異色のトップが、4回にわたって自らの経営を語る。