第1次世界大戦では、両陣営ともに数万頭の“伝令犬”を使った。第2次世界大戦の戦場となった太平洋の島々では、森に潜む日本兵を見つけ出すために犬が動員された。