株主総会のシーズンが近づいてきた。今年は、社外取締役を導入する動きが活発になっている。私は、社外取締役の是非だけを論じていては、コーポレートガバナンス(企業統治)の議論を矮小化しかねないと危惧している。