世界の投資家が法人減税、企業統治、労働市場改革といった成長戦略の中身を注視している。安倍政権は株価を気にかけており、月内にまとめる項目は外国人の目を強く意識せざるを得ない。ただ「見栄え」重視で議論が生煮えの案件もあり、期待値を下回れば市場の洗礼を浴びかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2371文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年6月16日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。