第一生命保険が米中堅プロテクティブ生命を約5800億円で買収する。最大2500億円を公募増資で調達。成長戦略と既存株主の利益維持の両立を探る。アベノミクス相場で大規模な増資が相次ぎ、企業は投資家と一層丁寧な対話が欠かせない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1281文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年6月16日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。