「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)があるべき憲法解釈を報告。集団的自衛権を「行使可能にすべき」と結論づけたことが議論の的になっている。同懇談会のキーマンに聞いた。