「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)があるべき憲法解釈を報告。集団的自衛権を「行使可能にすべき」と結論づけたことが議論の的になっている。同懇談会のキーマンに聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1347文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題