ヴァチカンの神父、植物分子生物学を学ぶ大学生、彼の指導教官の遺伝学者が殺される事件が続けて起きた。遺体に焼かれた円環と十字の記号から、遺伝子研究に乗り出したノルウェー企業と同社に協力する闇の集団ギルドの存在が浮かび上がる。