ヴァチカンの神父、植物分子生物学を学ぶ大学生、彼の指導教官の遺伝学者が殺される事件が続けて起きた。遺体に焼かれた円環と十字の記号から、遺伝子研究に乗り出したノルウェー企業と同社に協力する闇の集団ギルドの存在が浮かび上がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り928文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年6月9日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。