消費税が8%になっても消費者の温泉熱は冷めそうにない。都心の大型日帰り湯施設は身近な温泉としてカップルや家族連れで賑わっている。