1898年、英国と清朝の間で結ばれた「香港領域拡大協約」によって、99年間の英国への香港租借が決まりました。時の清朝の交渉責任者は李鴻章。浅田次郎氏の小説『蒼穹の昴』に描かれたシーンは極めて印象的です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り675文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。