東京五輪の開催決定や政府の国土強靭化計画などで、建設業界が活気づいている。だが、足元では施工ミスや火災など、現場の「技能崩壊」が原因のトラブルが絶えない。需要拡大の一方で、建設現場は人手不足、資材高騰と併せた三重苦に喘いでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6360文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。