シンガポールで開催された安全保障会議で、中国と日米両国が激突した。ヘーゲル米国防長官は、南シナ海情勢に対して踏み込んだ姿勢で中国を非難し、安倍首相を援護射撃した。だが、米国の「本気度」が乏しいと見る中国は強気の姿勢を変えようとはしていない。