政府は6月にまとめる成長戦略に労働時間改革を盛り込む方針を固めた。週40時間を基本とする労働時間規制を一部で外し、企業の生産性を高める狙い。「残業代ゼロ」と批判を浴びた経験から、高度な専門職に限って様子見する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1421文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年6月9日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。