タクシー運賃の改正を巡って大阪が荒れている。4月1日以降変更を余儀なくされた料金改定を一部の事業者が拒否。国を相手取って提訴に踏み切った事業者と国交省のにらみ合いが続く。