台湾立法院が23日間、学生たちによって占拠された。小さな偶然から始まったその事件が浮かび上がらせるのは、「経済」の恩恵と「政治」の断絶とのあわいで戸惑う台湾の姿だった。