日本のモノ作りに、ようやく進むべき方向が見えてきたと実感した。記事の事例に共通するポイントは、自社はもちろん異業種をも巻き込んで、経験を積んだ人が役職や業務形態にとらわれず、現場で現物を前にして現実的に全体最適な答えを出しているということである。近年の急激なデジタル化で、日本の製造業が得意とした現場でのすり合わせの必要性が低下したように思われた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1259文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。