東京電力は、自社管内に限ってきた電力販売を全国に広げる。賠償費用などを稼ぐのが目的だというが、利益を上げるのは至難の業。自由化の進展はアピールできるが、電力料金の引き下げにつながるかは未知数だ。