就任から3年目の平井一夫社長が構造改革と再成長へ不退転の決意を示した。だが、市場関係者からは「発表した改革案を本当にやり遂げられるのか」との声も上がる。エレクトロニクス事業の見通しが狂えば、追加リストラは避けられない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1224文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年6月2日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。