中古車の業者間取引で価格の下落基調が続いている。消費増税が決まった2013年秋以降、前倒しでクルマを買い替える消費者が多く、市場で中古車が供給過多になっているためだ。