外国人の宿泊に賃貸の空き部屋を提供する、“民泊”事業に乗り出す企業が現れた。背景にあるのは、訪日外国人の急増と、国家戦略特区における規制緩和だ。一方で、自治体の対応の遅れや業界団体の抵抗が新たな障壁になる懸念も。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1334文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年6月2日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。