三陽商会は2015年の春夏物を最後に、「バーバリー」ブランドの展開を終える。「脱バーバリー」を掲げて、今後は別ブランドの育成、拡大に力を注ぐという。だが先行きには暗雲も。結果次第では、アパレル業界再編の呼び水となるかもしれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1360文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年6月2日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。