欧米の重電の巨人たちが仏アルストムの事業買収を巡り、火花を散らしている。ダイナミックな動きと一線を画し、「非中核」として切り離される事業を取り込もうとするのが日本勢だ。重電業界の構造変化が世界的に進む中、このままでは日本が脇役になってしまう恐れがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2508文字 / 全文文字

【初割】月額プランが3月末まで無料

人気コラムも、特集もすべての記事が読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題